ANGELINAマロンクリーム


いきなりですが、これ、マロンクリームが入ってるチューブなんですよ!

こういうチューブを見ると、接着剤か何かが入っているような容器をイメージするかと思いますが、食品が広大に並ぶデパ地下にこのオシャレなヴィジュアルがポツンと佇んでいたので、気になって買ってしまいました!



こちらはフランス・パリ発の老舗ANGELINA」から発売されているマロンクリーム。

なるほど、確かにパッケージデザインと英字フォントからパリっぽい雰囲気が滲み出てます。

ANGELINAといえばモンブランが有名なようですが、私はその肝心なモンブランを食べたことがなく、初めてANGELINAで買ったのがまさかのこのクリームなんです。(ついでにマロンプリンも買いました)。




ANGELINAについて軽く調べてみると、パリ本店はデザイナーのココ・シャネルがその昔通ったという、とても品のあるカフェみたいですね。
(オードリー・ヘップバーンでいうティファニーみたいな、そういう響きがあってとてもよい)

確かに写真からも雰囲気のよさがムンムン伝わってきます。パリへ訪れた際に行きたい場所がまた一つ増えました。



そして、ANGELINAって、ただモンブランが有名なだけでなくて、イタリアから伝わった家庭菓子をモンブランとして世に広めた、元祖モンブランのお店なんですね!

ここのモンブランは日本で一般的にイメージするモンブランのようにスポンジやタルトは一切使用しておらず、全てがクリームで作られているようで、その馴染み深い日本のモンブランとは別格なんだそうですよ。

そんなお店だからこそ、アイデンティティとも言えるマロンクリームだけを小包装して販売しているんですね。



あー、たくさんモンブランの画像を見ていたら、めちゃくちゃコーヒーと一緒に食べてきたくなっちゃいました!


ANGELINAマロンクリーム
ANGELINAマロンクリーム


では、実際マロンクリームのお味はどうなのか。


んー、ん?


んー!


一口目は味をキャッチできませんでしたが、二口目で味が味蕾に伝わってきました。
ザ・マロンって感じの濃厚な味わいです!

私が実家にいた頃、朝食の食パンに塗りたくっていたBonneMamanのマロンクリームよりも圧倒的にマロンを感じます。

舌に残るのは絶対的なマロン感

栗の渋皮煮をドロドロに溶かしたようなクリームです。




甘さが強烈ではなくて品のある甘さなので、使い勝手は良さそうです!




ただ、実際に使うシーンを思い浮かべてみると、なかなか思い浮かない。
モノとしての完成度は高いのですが、問題なのは使用用途で、普段甘いモノをあまり食さない私には全く思い浮かびません。

パンやスコーンにつけて食べると良いみたいなことは書かれているのですけど、どうなのでしょう。

私が唯一思い浮かんだのは、スコッチ、シェリー、ラムあたりのお酒との合わせ技。
マロンのまろやかな味と上に挙げたお酒の相性はおそらくベストマッチかと思うので、家に帰ったらシフォンケーキかクッキーに付けて試してみたいです。




・・・
あとは、冬山登山をするときはカロリー摂取が非常に大事で、コンデンスミルクをチューブごとブチューっと吸ったりする人がいるのですが、コンデンスミルク代わりにマロンクリームをザックに忍ばせておくのも良いかもしれません。

山って、長時間縦走とかしていると味のバリエーションが欲しくなってきますから、昼はマロンクリームをチューブを吸って、夜はお湯に溶かしてマロンジュースみたいにするってもの一つなのかも。






っていうどうでもいい冗談はさておき、自分用の普段使いってよりは、モンブランが好きな方へのプレゼントにはいいのかなって思いました。

モンブランそのものは日持ちしませんから、そういう意味では、チューブの状態でプレゼントして、パンに付けて食べてみて的な感じがいいですよね。
容器が瓶とか感でないってのが意外性があって良いですし。







札幌の方は札幌三越本館地下二階ANGELINAにて販売していますので、気になる方はチェックしてみてください。








ANGELINAについて詳しく知りたい方はコチラも読んでみてください。

パリ100年銀座30年。日本のモンブランファンに衝撃を与えたお店「サロン・ド・テ アンジェリーナ」。
https://cake.tokyo/1589



最後に、この記事を書いていたら東京の奥渋谷にとても美味しそうなモンブランのお店を発見したので、参考までに紹介ブログのリンクを貼り付けておきます。

「モンブラン」が絶品!カウンターで絞りたて、できたてしか味わえない『モンブランスタイル』【奥渋谷】
https://www.gnavi.co.jp/dressing/article/21787




ブログカバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

横浜生まれ横浜育ちの知的好奇心の奴隷。 島暮らしと山暮らしを経ての、街暮らし満喫中。 新しい刺激に貪欲で、まったりするのも好きだけど、基本的には超アクティブな超・直感型人間。